パート薬剤師の転職 - 薬局での仕事の流れについて

薬局でパート勤務 - 薬剤師の一日とは?

薬は私たちの生命と健康を守るために不可欠です。薬の使い方を間違ったり飲み過ぎてしまうと危険です。私たちが有効に、そして安全に薬を使用できるように、いろいろな薬の「効果」「効能」「副作用」を正確に理解して管理している専門家が薬剤師なのです。

ここでは、ある薬局で勤務する薬剤師の一日の仕事をご紹介します。

【8時40分】――
薬局の開店を準備するために簡単な清掃をして機材のスイッチを入れます。

【9時00分】――
開店時間になります。開店から約1時間程度は処方箋を持参される患者様は少ないです。ゆとりがある時間帯で、この間に頻繁に出る錠剤を事前に分けておいて、患者様の待ち時間を短くするような作業をします。

【10時00分】――
患者様の診察が終わり薬局に来店される人が多くなり忙しくなってきます。処方箋に基づいて薬を調整し患者様が他に服用している薬があれば飲み合わせのトラブルがないか確認します。

来店が初めての患者様には「現在服用中の薬」「妊娠・授乳中であるか」「アレルギーの体質」を尋ねて「薬歴・お薬手帳」を作成します。服用する場合の注意点や薬の効能を説明しますが、これが「服薬指導」になります。「薬の名前」「効果・効能」「服用量・回数」を記載した説明書を手渡しします。

【12時00分】――
薬剤師が交代で昼食をとりますが、店舗の混み具合で時間が遅れることもあります。

【13時00分】――
来店される患者様の人数が減ってくるので薬品の補充し在庫不足の薬は発注します。頻繁に出る薬剤を事前につくっておく「予製」をします。粉薬を分包したり軟こうを小分けにしたりし備品や容器の補充も確認します。

【15時00分】――
付近にある病院の午後の診察開始は14:00からです。処方箋を持参される患者様が増えて午後のピークを迎えます。

【18時30分】――
閉店になります。店舗のシャッターを下ろしで後片付けをして18:45頃に業務終了です。

薬剤師は女性が多いです。この薬剤師のようにフルタイム勤務の人もいます。パートタイムや短時間勤務などさまざまな勤務体系があります。相互にサポートしながら勤務するパターンが多いです。

薬剤師の歴史や起源を学びましょう!

薬が世の中に誕生したのは紀元前4000年頃になりますから、かなり昔の話です。今回は、薬剤師の歴史や起源を学びましょう!

シュメール人はチグリス・ユーフラテス川の流域であるメソポタミアの南側に都市国家を建設しました。彼らは鉱物や動物や植物からつくった様々な薬を使用していたのです。その時の製法が世界最古の医薬品製法の記録として残ってきますが粘土板にくさび形文字で書いていました。

古代エジプト文明(紀元前1500年頃)では「エーベルス・パプルス」に700種類を越える薬と800種類を越す薬の処方が記録されて残されています。古代では病気を治療する人と薬草を使って治療をする人は同一人物でした。「薬剤師」と「医師」という二つの役割をひとりが担当していたのです。

中世になると薬を売り歩く人たちがでてきましたし、11世紀に入ると各地に薬局が作られてきました。その時代になるとヨーロッパで王権の交代が毒殺によって行われ、薬を調合する医師が暗殺の加害者になる懸念もでてきました。

王侯貴族たちは病気になっても安心して薬を飲むことができなくなり13世紀中頃には「診察」と「調合」は別にするように役割が区分されました。医師からとは隔離された薬局で医師が記載した処方箋を薬剤師が確認して調剤をする今のスタイルの原型ができたのです。

薬局の中には薬をつくるための専用の部屋も設けられ、さまざまな試みがされました。これによって薬剤師の技術や知識は人々に高く評価されました。薬の専門家という不動の地位を確立してきたのがこの頃です。

18世紀末頃までの薬は「生薬」でした。「鉱物」「草の根」「動物の臓器」をそのまま使ったり簡単な加工をしていて服用していたのです。

1804年にセルチュルナー(ドイツの薬剤師)がアヘンからモルヒネを発見しました。これが現代薬学の基礎となりました。生薬を科学的に分析して有効成分を抽出するという手法が出来上がったのです。1800年代は生薬から有効成分がぞくぞくと発見され、化学反応により合成した薬が作られるようになりました。