パート薬剤師の転職 - 独立に必要な能力を養うには?

薬剤師 パート → 薬剤師パートの転職 - 将来独立するには

薬剤師パートの転職 - 将来独立するには

勤めている職場の雰囲気が良くないと転職を考えるものですが、将来的に薬局経営を考えているなら、転職先候補に大手調剤薬局チェーンをあげてみてはいかがでしょうか。薬学生として進路を決めた段階で既に独立を考えている方もいるようですが、その方々の就職先としても大手調剤薬局チェーンはおすすめだと言われています。
派遣薬剤師の求人、採用について

独立をするには患者さんとのコミュニケーション力も必要となってきます。また、調剤を受けるには病院との良好な関係を築き上げる術も必要となってきます。単純に調剤をしてお薬を提供するだけではないということです。

経営をすると考えてみてください。コミュニケーション力が不足していたり、病院側とのやり取りが上手くできない場合、患者さんは来てくれません。大きな病院でも現在は外部の調剤薬局で薬がいただけるシステムを導入しています。

つまり、病院は遠くても地元の調剤薬局で待たずに薬を受け取ることができるシステムとなっており、かかりつけ薬局を持ちましょうという流れとなっているのです。

受け持った患者さんの薬履歴も管理していきますので、そこで必要なのはパソコンなどを使った管理システムということになります。コミュニケーション力に加え、事務的仕事もこなさなければなりません。

かかりつけ薬局を持つ患者さんのメリットは、薬の既往履歴から飲み合わせが悪いものがあるかわかるということです。その時には病院への問い合わせもします。患者さんから詳しい話も聞きます。

薬剤師が独立し、かかりつけ薬局となるメリットは、支持されて来てくれる方が多くなればなるほど、経営も安定し、収入も多くなるというわけです。忙しくなれば店員さんを雇うことだって可能です。

独立してやり手となった時には、クリニックのそばなどに小さな調剤薬局を複数展開することも可能です。いわゆる企業化も可能ということになります。薬剤師としての仕事だけではなく、経営手腕も必要となってきますが、そのために必要なスキルを大手調剤薬局チェーンで身につけるというわけです。

精神科の薬剤師は年収が高い?

年収アップのための転職を考えるとき、精神科の薬局勤務も候補に上がるかと思います。確かに、一般の薬剤師の年収よりも若干高めに設定されているようですが、簡単になれるものではないとも言われています。

精神科では医師の処方通りの薬だけを調剤するわけではなく、医師、看護師、薬剤師、その他の専門職の方々と共同で治療に当たる傾向にあり、副作用の注意やちょっとした変化も観察する必要があります。

服薬指導はもちろんありますし、病棟へ出向いて行うケースも多く、患者さんの精神状態によっては全く聞き入れてくれなかったりということもあります。個々の患者さんによって症状は違いますので、マニュアル通りとはいかないのです。

精神科の薬剤師として転職される方の多くは、専門薬剤師を目指している方だと言われています。精神的に強くなければ務まらないとも言われており、年収が多いからと簡単に考えてはならないとも言われています。

中には薬剤師自身がうつ症状を訴えることも少なくありません。感受性の高い方は特に要注意だとも言われています。シンクロしてしまうのだそうです。

外来患者だけのクリニックそばの調剤薬局でも同じなのだそうです。そばにあることから他の病院やクリニックの患者さんが来ることはめったに無いため、自ずとそのクリニックの患者さんのみとなる事が多いのです。

病棟がある病院内の薬局にお勤めした場合、入院期間中だけを受け持つわけではありません。外来患者として通院してきますので、そこでも入院時と同じように医師や病院スタッフとの連携は欠かせません。つまり観察もひとつの仕事となるのです。

マイナス面だけを書いた感じになっていますが、精神科の専門薬剤師を目指す方がいるということは、やりがいがある、そうなりたい薬剤師がいるということです。マイナス面だけではないということになりますね?

年収面を考えたら、男性薬剤師なら精神科勤務を考えても良いかもしれませんね。専門薬剤師となれば年収も更にアップするでしょうし、その頃には精神的にもかなり強くなっているかと思われます。